ツール・ド・アリタヘッダーイメージ

ABOUT USツールドアリタについて

古い町並みと大自然が人と車をつなぐ

ツールドアリタは、古くからヨーロッパ諸国との交易が盛んに行われていた歴史的背景を
コンセプトに、有田の自然に触れ、歴史を学ぶゲームラリーを中心としたイベントであり、
ビンテージカーを愛するすべての人に楽しんでいただけるイベントです。

イラスト1
イラスト2

ヨーロッパと有田

有田町は2016年に有田焼創業400周年を迎えます。
古くからヨーロッパ諸国との交易が盛んに行われていた有田町。
有田で作られた数々の陶磁器が東インド会社を通じて海を渡りヨーロッパの人々に
多大な影響を与えました。
今もなお、ドイツのマイセンに代表されるようなヨーロッパ各国には
有田焼に影響を受けた数々の陶磁器が各国の文化として根付いています。

ビンテージカーと有田

有田町には内山地区に代表される昔ながらの町並みが現存している数少ない場所で、
雄大な自然も数多く、そんな昔ながらの町並みや大自然を走る、ビンテージカーは必ずや
見るものを虜にすることでしょう。
またそんな光景を見に来たいと思う人々を有田に呼び込み、有田町の活性化につながる一役を
担えればと考えています。

イラスト3
イラスト4

「町とのつながり」を大事にしています

ツールドアリタは有田の方々の協力のもと成り立っています。
単なるビンテージカー好きのためのイベントではなく「地域とのつながり」を大切にするイベントを目指しています。

イラスト5

ツールドアリタへの想い

ヨーロッパでは、旧い自動車には文化的な価値があるとし、国や自動車メーカーが
旧い自動車を積極的に保存する活動を行っています。
方や、世界有数の自動車大国日本では、旧い自動車への税金の上乗せなど旧い自動車を淘汰することしか
関心がないように見受けられます。
優れたデザインのビンテージカーは今日でも沢山の見るものを魅了し続けています。
従って私達、日本のビンテージカー所有者は、国内に現存する旧い自動車の保存と文化的な価値を高めるための
積極的な啓蒙活動を行っていこうと考えており、
ツールドアリタもその活動の一つです。
さらに、車離れの進む若い世代へビンテージカーの魅力を知ってもらいたいと思っています。

今後のツールドアリタ

今後は、周辺の波佐見や伊万里市、唐津市など、陶磁器文化が多く残る佐賀県西部エリアを中心に
これらのエリアまで範囲を広げ、内外に陶磁器文化の魅力とビンテージカーの魅力を伝えていければ思っています。

イラスト6